栃木でリフォームを考えている方へ!浴室の種類について紹介します!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

浴室をリフォームしようか考えているけど、うちにはどんな種類のものがいいのかわからないとお困りではないですか。
毎日使う場所だからこそ、自分にぴったりなものを選びたいですよね。

今回は、浴室のリフォームをする際に最初に決めることになる、浴室の種類についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。


□浴室の種類にはどんなものがあるの

浴室には、タイプが2種類存在します。
一つ目が「在来工法」、もう一つが「ユニットバス、システムバス」です。
リフォームをする際には、まずはどちらの種類にするか決める必要があります。

*在来工法

在来工法は、普通の部屋と同じ構造の部屋を浴室として使用する方法です。

メリットとしては、自分好みにこだわった浴槽に仕上げやすいことが挙げられます。
例えば、バスタブをひのきにしたり、自分好みのおしゃれなタイルを使用したりできます。

デメリットとしては、防水、防熱機能が弱いことが挙げられます。
もともと普通の部屋を浴槽として利用しているので、浴室用の加工をしっかりと施すことが難しいのです。

*ユニットバス、システムバス

在来工法とは異なり、ユニットバス、システムバスでは浴槽用に作られた部屋を一部屋丸ごとそのまま埋め込む方法です。

すべて工場でワンセットとして製造されているので、工事期間が短く済むメリットがあります。
また、浴室用に設計された部屋なので、防水、防熱機能もばっちりです。

デメリットとしては、デザインの自由度が低いことが挙げられます。
色は選べても、素材は選べないなど在来工法と比べると選択肢が限られてしまうのです。

しかし最近はデザイン性の高いものが増えてきているので、デザインにこだわりがある方も一度検討してみてはいかがでしょうか。


□ハーフユニットバスとは

ハーフユニットバスは、ユニットバスと在来工法の両方のメリットを生かしたタイプの浴室です。
例えば、浴槽と床だけユニットバスにし、壁や窓は在来工法にするような工法です。

ユニットバス、システムバスよりお値段は高くなりますが、防水性を保ちつつもデザインの自由性が高くなるので、こだわってお風呂づくりをしたい方におすすめです。


□まとめ

今回は、浴室の種類についてご紹介しました。
ご自身のリフォームの目的に合わせてぴったりの浴室スタイルを見つけてみましょう。
当社には多数の浴室リフォームの実績があります。
無料でのお見積もりも伺っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ