古河市でリフォームをしたい方へ!キッチンをリフォームする時のポイントとは?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

古河市、小山市でリフォームを考えている方はいらっしゃいませんか。
キッチンのリフォームをしたいと思っても、床材の種類が多くて、なかなか選ぶのは難しいでしょう。
そこで今回は、キッチンをリフォームするときのポイントを紹介します。


□キッチンに使われる床材とは

キッチンに使われる代表的な素材を、以下で紹介します。

*クッションフロア

これは、ビニール製で柔らかさをもった素材です。
柔らかいため、長時間料理をするときの脚の疲れを和らげます。

また、耐水性もあるため、料理や洗い物をしているときに、水が跳ねても簡単に拭き取れます。
一方、熱に弱いため、料理中に調理器具が落ちると床が焼けてしまう場合もあるので注意しましょう。

*フローリング

フローリングは、キッチン以外にも、様々な部屋で床材として使われています。
無垢フローリングと複合フローリングの2種類があるので、以下で見ていきましょう。

無垢フローリングは、無垢材とも呼ばれており、100パーセント木材でできています。
天然素材のため自然を味わえますが、品質にはムラがあります。
また、汚れやすく、耐久性もないので注意しましょう。

一方で、複合フローリングは、複数の木材を重ね合わせたフローリングで、無垢フローリングよりも普及しています。
耐水性や耐久性を上げる加工もされており、値段も安く、品質のムラもありません。


□床材を長持ちさせるポイントとは

床材を長持ちさせるポイントを、以下で紹介します。

1つ目は、リビングやダイニングとのつながりを意識することです。
キッチンがリビングやダイニングとつながっている場合、床材でコントラストが出ると不自然です。
同じフローリングにしたり、模様を統一したりと、バランスを考慮しましょう。

2つ目は、キッチンマットを活用することです。
キッチンマットを敷くと、足の疲労や滑りやすさが改善されます。
汚れが気になる場合は、ビニール素材のマットにすると簡単に汚れを拭き取れるでしょう。

3つ目は、リフォーム会社と相談することです。
キッチンの床材に迷ったときは、耐久性などに詳しいリフォーム会社に相談しましょう。
掃除のしやすさ、全体の見た目のバランスなど専門家のアドバイスを参考にしてみてください。


□まとめ

今回は、キッチンをリフォームするときのポイントを紹介しました。
キッチンは毎日使う場所なので、使いやすく、汚れづらいものが良いでしょう。
また、リビングとつながっている場合は、見た目のバランスも考慮しましょう。
古河市と小山市でリフォームをしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ