古河市でリフォームを検討している方へ!トイレのリフォームで壁紙の選び方をご紹介!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

古河市と小山市で、トイレのリフォームを検討している方はいませんか。
トイレのリフォームでは、見た目と機能性の両面で壁紙が重要です。
壁紙は、トイレの見栄えを良くするだけでなく、臭いや汚れに対しても上手く対応できます。
そこで今回は、トイレをリフォームするときの壁紙の選び方を説明します。


□壁紙を選ぶ際の色と柄のポイント

トイレの壁紙の選び方のポイントを、以下で紹介します。

1つ目は、ベースを落ち着いた色にすることです。
壁紙は、トイレの中で大きな面積を占めているため、ベースは落ち着いた色がおすすめです。
原色ではなく、ベージュや淡いグレーや水色などのペールトーンが良いでしょう。

2つ目は、柄物を選ぶときは、小さな柄にすることです。
トイレのような狭い部屋の壁紙に大きな柄を入れると、より一層圧迫感が出てしまいます。
そのため、基本的には、無地がおすすめです。
どうしても柄を入れたい場合は、小さなものにしましょう。

3つ目は、はっきりした柄を入れるときは、部分的にすることです。
どうしてもユニークな柄や濃い色の壁紙クロスを使いたい場合は、腰壁など部分的に貼ると良いです。
全体ではなく、部分的に絞ることで、圧迫感も緩和され見栄えも映えます。


□壁紙に持たせたい機能性

*汚れ防止機能

トイレの壁紙は臭いがついたり、水が跳ねたりすることで汚れやすいです。
汚れ防止機能のついた壁紙は、表面のラミネート加工により、拭き取るだけで汚れを落とせます。
さらに、抗菌作用のついたものにすると菌の増殖を防ぐため、免疫力の低い高齢者やお子様にも優しいです。

*消臭機能

トイレにはどうしても臭いの問題がつきまといますが、壁紙に消臭機能をつけることで緩和できます。
壁紙の表面に消臭剤が加工されており、悪臭の元になるガスを吸着して消臭します。
消臭効果は、5年から10年ほど続くので、試してみてはいかがでしょうか。

他にも、紫外線に反応することで消臭効果を発揮する光触媒もあり、効果は半永久的に持続すると言われています。

*吸放湿機能

トイレにも吸放湿機能をもつ壁紙があります。
吸水性ポリマーが配合されることで、湿度に応じて吸湿と放湿を行います。
これにより結露やカビの発生が抑えられて、劣化を遅らせることができるでしょう。


□まとめ

トイレをリフォームするときの壁紙の選び方について説明しました。
壁紙の色や柄を決めるのも大事ですが、機能性も意識したいです。
機能性を持たせることで、トイレ特有の臭いや汚れへの対応が容易になるうえに、劣化も遅らせられるでしょう。
古河市と小山市でリフォームしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ