キッチンの種類について解説!リフォームを検討している栃木在住の方へ!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

リフォームのお考えの方でしたら、カタログを見てみるとキッチンが何種類もあってどれにしようか迷ってしまいますよね。
キッチンを決めるには、それぞれのキッチンの種類の特徴を知った上で、ご自身に合ったものを選ぶのがポイントです。

そこで今回はキッチンの種類、おすすめのキッチンのオプションについてご紹介します。


□キッチンの形4種類

キッチンの種類は主に4種類あります。
ひとつずつ特徴をみていきましょう。

まずはI型です。
こちらはもっとも一般的な形のキッチンです。
ガスコンロ、調理台、シンクが横一列で配置されます。
狭いスペースでも設置できるメリットがありますが、長くしすぎると作業がしにくくなるので注意しましょう。

2つ目はL型です。
こちらはガスコンロ、調理台、シンクがL字型に配置されます。
I型に比べて調理スペースが広く、少ない歩数で作業できるので、作業効率が良くなるというメリットがあります。
しかし、角の部分がデッドスペースになりやすいので工夫が必要です。

3つ目はペニンシュラ型です。
こちらは3面をオープンにした形のキッチンです。
カウンターが突き出しているような形状が特徴で、対面側に収納をつけることができます。

4つ目はアイランド型です。
こちらは4面がオープンになっており、デザイン性の高さで近年注目されています。
作業をしながら家族とコミュニケーションが取れたり、テレビが観れたりするメリットがあります。


□キッチンのおすすめのオプション

キッチンをより快適に、作業を効率的にするためにもリフォームを機にオプションをつけてみませんか?
リフォームでおすすめのオプションを3つご紹介します。

1つ目は食器洗い乾燥機です。
現在の主流は、システムキッチンの引き出しの中に食洗機が埋め込まれているビルトイン食洗機が主流です。
食器洗いの手間が楽になる上に、食洗機では手洗い時に比べて90%も節水できます。

初期投資費用はかかってしまいますが、費用対効果が高いので大変おすすめです。

2つ目はダウンウォールです。
ダウンウォールは、吊り戸棚を有効活用できるオプションです。
吊り戸棚は踏み台を使わないと物が取れないため、普段はあまり使わないものをしまいこんでいませんか?
ダウンウォールでは、取手を引くと棚の内部にあるカゴが降りてくるので、吊り戸棚を収納スペースとして有効活用できます。

3つ目はビルトイン浄水器です。
浄水器やペットボトルの水を置いたら、場所をとってしまい作業スペースが狭くなってしまった経験はありませんか?
ビルトイン浄水器では、一つの蛇口で済むのでスペースを有効活用できます。
また、約4ヶ月に1回のカートリッジ交換で済むので大変お手軽な点もポイントです。


□まとめ

今回は、キッチンの種類とオススメのオプションについてご紹介しました。
ご自身に合ったタイプのキッチンは見つかったでしょうか?
キッチンは毎日使うものなので、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にじっくり検討してみてください。
より便利で快適なキッチンを作り上げましょう!
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ