古河市でリフォームを考えている方へ!二階の増築についてご紹介します

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

現在、リフォームをして住宅に二階を増築しようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
しかし、住宅を増築する際の注意点や費用について詳しく知っておかないと、実際に増築する際に困ってしまう恐れがあります。
そこで今回は、二階を増築するリフォームの注意点と費用について詳しく説明します。


□住宅をリフォームで増築する際の注意点とは

住宅を増築する際の注意点として、役所への申請の必要性が挙げられます。
二階に限らず住宅を増築する際には、役所に申請しなくてはいけない場合があり、注意が必要です。
役所への申請が必要なケースは主に2つあります。

1つ目は防火・準防火地域の増築をする場合、2つ目は10平方メートルを超える増築をする場合です。
上記に当てはまる増築リフォームの場合、工事が始まる前に申請をして検査済証をもらわなければなりません。
この申請は施工業者に代行してもらうことがほとんどです。
しかし、簡単ではありませんが、費用を抑えたい場合はご自身で申請できます。
上記に当てはまる増築リフォームの場合はご自身で、またはプロに代行を依頼して、忘れずに申請をするようにしましょう。


□増築リフォームにかかる費用をパターン別に紹介!

*トイレを増設する場合

トイレなどの水回りを増設する場合、現在の住宅の間取りや設置する便器のグレードによってかかる費用は変化します。
増設、配管工事にかかる手間、難易度によって費用は大きく変化しますが、120万円前後だと考えておくと良いでしょう。

*寝室を3畳増築する場合

既存の寝室を増築する場合、寝室部の床、屋根、壁と同じ造りにする必要があります。
内装部分をどれくらいこだわるかによって、費用は変動しますが、一般的には190万円前後だとされています。

*和室を8畳増築する場合

和室の場合は、増築した箇所に畳を敷く、壁や天井のテイストを作るなどの内装に関わる部分の費用がかかります。
しかし、水回りのような配管工事の必要はないので、スペースあたりにかかる費用は抑えられます。
250万円ほどの費用で、増築ができると考えておきましょう。


□まとめ

二階の増築リフォームでは、必要な場合は役所への申請を忘れずに行いましょう。
また、配管工事の有無や内装へのこだわり具合によって費用は変動するので、ご自身の要望に合わせて最適なプランを選択しましょう。
当社は古河市、小山市のリフォーム会社です。
無料でお見積もりも致しますので、ご希望の際はお気軽にご相談ください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ