床暖房を検討中の方必見!古河市のリフォーム専門業者が床暖房について解説!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

住宅内の寒さにお悩みの方は多いのではないでしょうか。
住宅内の寒さを解決するための方法の1つとして、床暖房の導入が挙げられます。
今回は、2種類ある床暖房の特徴と床暖房を導入する際の注意点について説明します。
現在、床暖房の導入を検討中の方がおられましたら、ぜひ今回の説明を参考にしてください。


□2種類の床暖房の特徴とは?

床暖房は大きく分けて2種類あると言われています。
今回は、それぞれの特徴について詳しく説明します。

*電気式床暖房の特徴とは

床下に電熱線が組み込まれたパネルを設置するのが電気式の床暖房です。
工事内容が非常にシンプルなので導入しやすく、リフォームは1日で終わります。
また、導入費用も比較的リーズナブルなのがメリットだと言えるでしょう。
暖かくなるまでに少し時間がかかってしまうことと暖かさにムラがあることがデメリットとして挙げられます。
そして、長時間体を密着させた状態で使用すると、低温やけどにつながる恐れがあるので、注意が必要です。

*温水式床暖房の特徴とは

床下に通したパイプに温めた水を流すのが温水式床暖房です。
導入費用は電気式に比べて高いですが、設置後にかかる光熱費は低めなのが特徴です。
床暖房は1度設置すると長い間使用できるので、長い目で見れば温水式の方がお得だと言えるでしょう。
リフォーム期間は電気式よりやや長い1~3日程度だと言われています。
電気式とは違い、素早く部屋全体を暖められ、低温やけどの心配もないことが温水式のメリットです。


□床暖房を導入する際の注意点とは

床暖房を導入する注意点として2つが挙げられます。

1つ目は、床暖房に適した種類の床材を選ぶことです。
床暖房に適しているのは、耐熱性があって熱を伝えやすい床材です。
一般的なフローリングだと床暖房の熱によって、反れたり割れたりしてしまう可能性があります。
そのため、床材の種類に関しては、業者の方としっかり話し合うように心がけましょう。

2つ目の注意点としては、床暖房は部分的に設置するのが一般的だということです。
部屋全体に設置しなくても十分暖かくなります。
特に、家具の下などには配置する必要はないので、家具の配置を考えながら導入箇所を考えるようにしましょう。


□まとめ

今回は、2種類ある床暖房の特徴と床暖房を導入する際の注意点について説明しました。
床暖房は部屋の寒さを解消するために、有効な手段です。
1度設置してしまえば長い間使用できるので、今回の説明を参考に導入を検討してみてはいかがでしょうか。
古河市、小山市で床暖房の導入をご希望でしたら、当社までご相談ください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ