古河市の方へ|建て替えと比較した際のリフォームのメリットとデメリットとは?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

「老朽化してきた住居の修繕を検討しているので、リフォームの特徴について詳しく知りたい。」
このようにお考えの方は、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、建て替えと比較したリフォームのメリット・デメリットについて詳しく説明します。
住宅の修繕を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。


□そもそも「リフォーム」とは?

リフォームは、長年住んだことによる住宅の劣化を修繕する作業のことです。
例として、雨漏りの修繕や浴槽の取り換えなどの部分的な修繕が挙げられます。
リフォームはあくまでも住宅のもともとの価値を取り戻すための改修工事であり、新たな機能を追加する大規模な工事ではありません。


□建て替えと比較したリフォームのメリットとデメリット

*住み慣れた家を壊さなくていい

リフォームの最大のメリットは、愛着のある家を壊す必要がないという点です。
建て替えをすると建物を解体することになるので、今の家の雰囲気はほとんど残りません。
そのため、今の家に愛着がある場合や、今の家のデザインが気に入っているという場合はリフォームの方が良いでしょう。
また、解体する必要がないということは、その分予算を抑えられます。
この点は、リフォームの大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

*工事期間が短いので費用が抑えられる

建て替えの場合は、建物を解体して一から建て直すことになります。
それに比べて、リフォームは建物を解体することはないので、リフォームの方が短い期間で工事が終わります。
工事期間が長い建て替えは仮住まいを借りなくてはいけませんが、リフォームの場合はその必要がありません。
つまり、仮住まいのための費用を抑えられるので、建て替えよりお得なのです。

*デザインを大きく変更できない

繰り返しになりますが、リフォームはあくまでも部分的な改修工事です。
リフォームでできるのは、住宅のもともとの価値を取り戻すことのみです。
家を取り壊すことはしないため、大がかりなデザイン変更はできません。
家の雰囲気を大きく変えることを目的とする場合は、リフォーム以外の方法を検討した方がいいかもしれません。


□まとめ

今回は、建て替えと比較したリフォームのメリット・デメリットについて詳しく説明しました。
現在の住宅に愛着がある方や、費用を少しでも抑えたいという方にはリフォームをおすすめします。
古河市、小山市でリフォームを検討中の方がおられましたら、お気軽に当社までご連絡ください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ