古河市にお住まいの方へ|お風呂のリフォームの失敗例とは?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

「お風呂のリフォームを検討しているので、お風呂のリフォームを失敗しないための対策や失敗例を知りたい。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、お風呂リフォームの失敗例と失敗しないための対策法の説明をします。
リフォームを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。


□お風呂リフォームの失敗例

*新しい浴槽が狭くて窮屈

快適な入浴のためには、もちろん機能性やデザインは重要です。
しかし、何よりも重要なのは浴槽のサイズです。
どんなに優れた機能性やおしゃれなデザインのお風呂でも、浴槽が狭くてリラックスできないとなれば意味がありません。
家族全員がゆったりと入れるサイズの浴槽を選ぶことが、快適な入浴に繋がります。

*使わない機能や設備を搭載しすぎてしまった

最近の浴室は、ミストサウナやジェットバスなどの便利な機能が豊富に搭載されたものがあります。
このような新しい機能に誘惑され、あれもこれもとたくさん搭載しすぎてしまうと、いずれ使わなくなる可能性が高くなってしまいます。
また、このような最新機能・設備はこまめな掃除が必要なので、この点をしっかりと考慮するようにしましょう。

*新しくした窓が大きすぎる

大きい窓があると明るくなり、空間の解放感も増します。
しかし浴室にあまり大きな窓を設置してしまうと、断熱性が下がったり、掃除がしにくくなったり様々な問題が発生する恐れがあります。
浴室に明るさを求めるのであれば、照明などを変える方法のほうがいいかもしれません。


□浴室リフォームで失敗しないために

快適な入浴のためにはゆったりとしたサイズの浴槽を導入するのが良いでしょう。
そのためには、事前に浴槽に入ってサイズを確かめておくことが重要です。
家族の場合は、女性や子供にとっては快適なサイズでも、男性にとっては狭すぎるというケースがよくあります。
そのため、きちんと家族全員で確認して、皆が心地よいと感じるサイズの浴槽を導入することが非常に重要です。
また、豊富な浴室の便利機能・設備に魅了されて、すぐに設置を決めてしまうのはやめた方がよいでしょう。
本当に必要な機能・設備なのか吟味したうえで、必要なものだけ取り入れると、予算を抑えながら快適なお風呂づくりができます。


□まとめ

今回の説明を参考に、快適なお風呂づくりに取り掛かってみてはいかがでしょうか。
当社はリフォームを通してお客様に満足していただくことを第一に、リフォームに関する相談を随時受け付けております。
古河市、小山市でリフォームを検討中の方がおられましたら、お気軽に当社までご連絡ください。
 

星のリフォーム コメットについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ