古河市で外壁のリフォームを検討中の方へ!おすすめの時期を紹介!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

古河市で外壁のリフォームを検討中の方はいらっしゃいませんか。
「外壁のはがれを見つけたが、リフォームをすべきか迷っている」
「どんなときに外壁のリフォームをすべきなのか知りたい」
こうお考えの方もいらっしゃるはずです。
そこで今回は、外壁のリフォームをするべき時期と、劣化のサインを解説します。

□外壁をリフォームする時期
外壁リフォームでは、外壁に塗装をすることがほとんどです。
外壁塗装をする基準は、前回塗装をしてから約10年が経過したときだと言われています。
10年が基準である理由は、外壁が劣化する期間が約10年であるからです。
外壁は、常に雨や風、紫外線を受けています。
また、日本は台風や地震が多い環境です。
このような厳しい環境では、外壁は約10年で劣化してしまうのです。
10年が経過した時点で、外壁の耐久性、性能が低下し、見た目が悪くなっていることがほとんどであるため、リフォームをするべきでしょう。

□劣化のサイン
塗装から10年が経過していなくても、外壁に劣化の症状が現れたときにはリフォームをするべきです。
では、外壁が劣化しているサインをご紹介します。

*チョーキング現象
チョーキング現象とは、外壁を触ったときに外壁と同じ色の粉が手につくことです。
この現象が発生しているときは、雨や風、直射日光、紫外線により外壁の塗装が劣化し、塗装がはがれているのです。
塗装が劣化しているサインですので、早めにリフォームをすることをおすすめします。

*ひび割れ
外壁にひびがはいっているときも、リフォームをするべきサインです。
ひび割れから雨水が浸入することもありますし、住宅の耐久性が低下する可能性もあります。

*雨漏り
外壁から雨水が浸入していると、外壁が傷んでいることや穴が開いている場合があります。
雨漏りの原因が何であれ、住宅の耐久性が低下している可能性があるので、業者に相談してリフォームを行うべきでしょう。

*汚れ、かびが目立つ
外壁が汚れやかびによって目立つようになったときも、リフォームをするべきです。
汚れているように見えるだけでも、経年劣化によって耐久性や防水性能が低下しているかもしれません。

□まとめ
外壁のリフォームをするべき時期と、劣化のサインについてお伝えしました。
今回お伝えした情報を参考に、外壁のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。
当社は、外壁塗装を行っています。
外壁塗装に関するご相談があれば、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ