外壁の色について紹介!リフォームを考える栃木在住の方必見!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

外壁は家の外観の大部分を占めるため、色を変えることで大きくイメージチェンジできます。
しかしカタログを見ても色の種類がたくさんあってどれがいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、外壁の色についてご紹介します。
失敗しないためのポイントも紹介するので、是非参考にしてみてください。


□外壁の人気色トップ3

外壁の人気色トップ3であるベージュ系、グレー系、茶系について紹介します。

まずは1位のベージュ系です。
ベージュは無難なカラーなので、周りの住宅の色とも調和がとりやすく、汚れがついても目立ちにくいです。
落ち着いた印象を与えたいときにおすすめの色です。

2位はグレー系です。
グレーもベージュ系と同じく周りの住宅の色や風景との調和がとりやすく、汚れが付いても目立ちにくいカラーです。
クールな印象を与えることができます。

3位は茶系です。
茶系もまた、周りとの調和がとりやすく、汚れが目立ちにくい色です。
温かい印象がありながら、シックで大人な雰囲気を与えることができます。

しかし、茶系の色は幅広く、黒に近いものや、赤に近いもの、暗いものから明るいものまであるので、茶系を選ぶ方はあらかじめ業者の方と相談してみましょう。


□色選びで失敗しないためのポイント

外壁の色選びで失敗しないためのポイントを3つご紹介します。

*面積効果を考慮する

施工後に思っていた色と違ったというのは、よくある失敗事例です。
なぜこういった事態に陥りやすいのかというと、外壁には面積効果が働くからです。
これは色の錯覚で、全く同じ色を見ても小さい面積と大きい面積では見える色が異なって見えます。
外壁は面積が広く、カタログのサンプル色とは仕上がりのイメージが変わるので注意しましょう。

*サッシ、ドア、屋根との相性に注意する

外壁塗装で失敗しないためには、外壁の色と、サッシやドア、屋根といった壁以外の部分との相性を考える必要があります。

特に屋根の面積は広く、壁と同様に家の印象を形作る重要な要素なので屋根の色とのバランスには特に注意しましょう。

*曇りの日の色合いも考える

天気によっても外壁の色の見え方は異なります。

晴れの日にはイメージの思い通りに見える色も、曇りの日には思っていたよりも暗い印象になってしまったというのはよくある話です。

写真を見て、屋根の下の日の当たらない部分の色は、くもりの日の色の見え方と似ているので参考にしてみましょう。


□まとめ

今回は、外壁の色と失敗しないためのポイントについてご紹介しました。
事前に色の知識を知っておくことで満足のいくリフォームになることでしょう。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ