増築リフォームで収納を増やしたい人へ!古河市の専門業者が費用をお教えします!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

リフォームで住宅に収納を増築しようとお考えの方はおられるでしょうか。
収納を設置することで、部屋の片づけが楽になります。
しかし、リフォームで収納を増築する際にどれくらいの費用がかかるか知らない方も多くおられるでしょう。
今回は、リフォームで収納を増築する際の費用について古河市の専門業者が説明します。


□リビングの収納を増築する場合の費用とは

リフォームでリビングにウォークインクローゼットを後付けする場合には、18~80万円ほどの費用がかかると言われています。
一方で、空きスペースを活用する場合は50万円以内で施工できると考えていただくと良いでしょう。
出入り口のドアの種類や棚の設置数によっても費用は変動し、施工する場所によっては照明や電源などの追加工事の必要があるかもしれません。
追加工事が発生すると当然ですが、その分費用が高くなるので注意しなくてはいけません。


□キッチンの収納を増築する場合の費用とは

キッチンに床下収納を付けるには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

実際の事例を参考にすると、床材がフローリングで床下部分に空間がある場合、収納ユニットと蓋を取り付けるだけなので、約10万円で施工できます。

また、和室に床下収納を設置した事例では、畳1枚分のスペースにスイッチ操作で開閉可能な蓋と収納スペースを設置しており、この施工の費用相場は約20万円です。
このように、和室でも床下収納を設置できますが、フローリングの場合より少し高額になってしまいます。

また、床下収納と同じくらい人気なのがパントリーです。
パントリーとは、キッチン周辺に配置された食品や食器などをストックしておく収納のことです。
パントリーはキッチンのリフォームと同時に行う方が多いです。
例えば、もともと和室だった場所にキッチンを設置し、それと同時にキッチン側面にパントリーを設置した事例だと、施工にかかった費用は約170万円です。

特にキッチンにおいては、床下収納やパントリーなどの収納はたくさんあって困ることは無いと言えます。
そのため、キッチン周りを快適にしたいという方は、ぜひ収納の増築を検討してみてはいかがでしょうか。


□まとめ

今回は、リフォームで収納を増築する際の費用について詳しく説明しました。
あらかじめ決めた予算内で施工するためには、リフォーム会社との入念な打ち合わせが非常に重要です。
そのため、入念に話し合って最適な収納を設置しましょう。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ