古河市のリフォーム専門業者が平屋の減築のメリットとデメリットをご紹介!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

住宅の2階部分を使用せず、スペースを持て余しているという方がおられるかもしれません。
実は、リフォームではスペースを増やすための増築だけではなく、スペースを減らすことを目的とした減築もできます。
そこで今回は、リフォームによる平屋の減築のメリットとデメリットについて詳しく説明します。


□リフォームで減築するメリットとは

減築のメリットの1つとして、掃除や移動の負担が減ることが挙げられます。
特にご高齢の方にとっては、階段を上り下りするのが体に負担となってしまうのではないでしょうか。
階段の上り下りで転倒してしまうことを懸念(けねん)して、住宅のバリアフリー化を検討している方は多くおられるでしょう。
あまり使用しない部分があるのであれば、そのままにしておくのではなく、思い切って減築してしまうことをおすすめします。
住宅のバリアフリー化のためにも有効で、掃除や換気といった作業の手間も省けるので生活に無駄が無くなるでしょう。

また、もう1つのメリットとして、防犯性を向上させるということも挙げられます。
外から見て使用していないことが明らかな部屋がある場合、空き巣に狙われやすくなる可能性が非常に高いです。
リビングから離れている部屋の場合、誰かが侵入しても気が付きにくいという恐れもあります。
そのため、防犯性を向上するためには、使用しない部屋はリフォームで減築するのが良いでしょう。


□リフォームで減築するデメリットとは

減築することのデメリットはほとんどありませんが、施工後に「やっぱり減築しなければよかった」と後悔される方は多くおられます。
しかし、1度減築した住宅を増築するためには余計なコストがかかってしまい、工事にかかる時間のことを考慮しても現実的ではありません。
そのため、本当に減築して良いのか入念に考えた上で、施工に取り掛かるようにしましょう。

また、荷物が多い方の場合は、収納するためのスペースがなくなってしまうという点もデメリットとして挙げられるでしょう。
しかし、ロフトや屋根裏部屋を設置することで、収納のためのスペースを確保できるので、ご自身にとって最適な選択をしてみてはいかがでしょうか。


□まとめ

今回は、リフォームによる減築のメリットとデメリットについて説明しました。
リフォームによる住宅の減築に関する理解を深めていただけたでしょうか。
古河市、小山市でリフォームをお考えの方やリフォームに関するご不明点をお持ちの方がおられましたら、お気軽に当社までご連絡ください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ