古河市の専門家がリフォームとリノベーションの違いについて詳しく解説します!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

「リフォームとリノベーションのそれぞれの特徴を教えて欲しい」
このように、リフォームやリノベーションの違いについて知りたいと思っている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、明確な違いについて詳しく知らないですよね。
そこで今回は、古河市の専門家がリフォームとリノベーションの違いについて詳しく解説します。


□リフォームとは

リフォームの定義として、経年劣化の状態の内装を新築の状態に近づけるための改修のことを指します。
具体的には、壁や天井の塗り替え、フローリングやカーペットの貼り直し、住宅設備の取り替えが挙げられます。
また、内装だけでなく、外装の場合もリフォームの言葉が使われます。
例として、一軒家の外装塗装の塗り直しや雨戸の取り替えが該当します。


□リノベーションとは

リノベーションの定義として、間取りや設備、機能といった要素全てを一から考え直し、新しい価値を生み出す修繕工事のことを指します。
具体的には、築年数が古いマンションの一室をリノベーションする際に、3LDKの間取りを一人暮らし向けの1LDKに作りかえることを言います。
さらに、仕切りを取っ払ったり、間取りを変更したりすることも含まれます。
また、IoT照明をつけたり、天井スピーカーを埋め込んだりもリノベーションに該当します。
内装を一度全て解体した状態を「スケルトン」と呼びます。
スケルトンしてリノベーションを行うことは、「フルリノベーション」「スケルトンリノベーション」と呼びます。


□リフォームとリノベーションの違い

実は、リフォームとリノベーションに明確な区別はありません。
しかし、どちらにもそれぞれ特徴があり、それは大きく異なります。
例えば、工事の規模に大きな違いがあります。
リフォームは、システムキッチンの導入やユニットバスの入れ替えといった小規模な工事です。
反対に、リノベーションは間取りや水道管、排水管の変更といった大規模な工事です。
また、住まいの性能が新築時より同等かそれ以下の場合は、リフォームに分類します。
一方で、新築以上の性能にアップグレードする工事は、リノベーションと言います。
リフォームのメリットは、比較的短期間で工事が完了することです。
一方で、リノベーションのメリットは、生活スタイルに合わせた設計が可能な点です。


□まとめ

今回は古河市、小山市の専門家がリフォームとリノベーションの違いについて解説しました。
当社では、リフォームに関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望に沿った最適なプランをご提案いたします。
ぜひ一度、当社まで気軽にお電話でお問い合わせください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ