リフォームで取り付けることのドアの種類を紹介|古河市でリフォーム

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

リフォームでドアを変えたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
また、リフォームでドアを増築したいとお考えの方もおられると思います。
ドアを変えたり増築したりすることは、リフォームでよくある事例です。
しかし、リフォームで取り付けらるドアにはさまざまな種類があります。
そこで今回は、リフォームで取り付けられるドアの種類について紹介します。


□開き戸

押したり引いたりする、一般的なドアを開き戸と言います。
開き戸は、遮断性や気密性に優れています。
そのため、廊下と部屋の間に取り付けられることが多いです。
多くの開き戸にはガラスがついています。
そのため、小さな子供のいるご家庭では、割れないよう気を配る必要があります。
また、押したり引いたりして開けるため、開閉にスペースが必要になります。
そのため、狭い場所には適していません。


□引き戸

横にスライドして開閉するドアのことを引き戸と言います。
開き戸に比べて遮断性や気密性は劣りますが、開閉にスペースを取らないという利点があります。
引き戸にはさまざまな種類があります。

*片引き戸

多くの引き戸はこのタイプです。
ドア一枚分しか開かないので、大きくドアを開けたい場所にはほかのタイプの方が好ましいです。
また、ドアを開いたときにドアがスライドするスペースが壁沿いに必要になるため、壁にデッドスペースが生まれてしまいます。

*引き分け戸

片引き戸を左右2枚取り付けたような形のものです。
ドアを開いたときにドアを収納するスペースが片引き戸の2倍になります。
そのため、壁のデッドスペースが2倍になるのです。


□折れ戸

ドアの真ん中が折れることで開くタイプのものを言います。
開き戸よりは省スペースで、引き戸のようにドアを移動させることもありません。
そのため、ドアの前後左右どこにもスペースがない場合に適しています。
そのため、お風呂に使われていることが多いです。


□まとめ

今回は、リフォームで取り付けることのできるドアの種類について紹介しました。
ドアはスペースや用途によって使い分けられます。
リフォーム後も使いやすいドアを取り付けましょう。
ドアリフォームの際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
また、当社は古河市、小山市を中心にリフォーム事業を展開しています。
人が幸せになる住まい創りを理念にリフォームを行なっております。
特に茨城県古河市や栃木県小山市でリフォームをお考えの方は、ぜひ当社でのリフォームをご検討ください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ