リフォームの補助金制度について紹介|小山市の補助金制度についても紹介

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

リフォームってお金がかかりますよね。
リフォームがしたいと思ったけれど、費用が高すぎて億劫になっている方もいらっしゃると思います。
しかし、リフォームには補助金というものがあります。
特定の分野のリフォームであれば自治体から補助金がもらえる場合があります。
また、減税が適用される場合もあります。
せっかくリフォームをするなら安く済ませたいですよね。
そこで今回は、リフォームをするときの補助金や減税について紹介します。


□補助金

*省エネ改修

高性能な断熱材や窓等を用いて断熱をするリフォームを行う場合、国の補助金が交付されることがあります。
断熱リノベという、高性能建材による断熱リフォームに補助金が交付されます。
一定の省エネ効果が見込まれる場合に適応されます。
補助費用の1/3以下もしくは戸建てで120万円以下が補助の上限額です。
また次世代建材という、室内側からの施工が可能な高断熱パネル、潜熱蓄熱建材、調湿建材等を用いるリフォームにも補助金が交付されます。
こちらも補助費用の1/3以下が上限です。

*エネファーム設置補助

エネファームという家庭用燃料電池システムを導入する場合にも、国の補助金が交付される場合があります。
「エネファーム」とは、水素と酸素から電気と熱をつくるシステムです。
設備の種類にもよりますが、4万円から16万円の補助金が交付されます。

*市町村関連補助金制度一覧

国の住宅補助制度とは別に、都道府県・市町村単位でも補助金が交付される場合があります。
例えば栃木県小山市の場合、利子補給制度と補助金制度のふたつです。
利子補給制度では、木造住宅耐震対策工事の利子に対し、最大500万円まで補助金が交付されます。
また補助金制度では、木造住宅耐震対策工事に対し、最大82万円まで補助金が交付されます。


□減税

リフォームの価格を抑える方法に、減税という制度もあります。
減税の制度は、所得税の減税と固定資産税の減税のふたつです。
所得税の減税では、5年間で最大25万円控除されます。
また、固定資産税の減税では1年間税額の1/2が控除されます。


□まとめ

今回は、リフォームをするときの補助金や減税について紹介しました。
リフォームの補助金や減税を検討の際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
また、当社は古河市、小山市を中心にリフォーム事業を展開しています。
人が幸せになる住まい創りを理念にリフォームを行っております。
特に茨城県古河市や栃木県小山市でリフォームをお考えの方は、ぜひ当社でのリフォームをご検討ください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ