駐車場リフォームの種類を紹介|小山市でリフォームをしよう

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

リフォームで駐車場を作りたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
駐車場を作ることは、リフォームでよくある事例です。
建築当初は庭にしていたけれど、マイカーを購入するにあたって駐車場にリフォームしたいとお考えのお客様もいらっしゃいます。
しかし、駐車場リフォームといっても、その方法はさまざまです。
そこで今回は、駐車場リフォームの種類について紹介します。


□地面の種類

庭だったところを駐車場にする場合、地面を舗装し直す必要があります。
その地面の舗装の仕方もいくつかの種類に分かれています。

*砂利

費用が一番安くすむ方法は、砂利を敷き詰める方法です。
しかし、車を出し入れしているうちに、タイヤの位置が溝になってくる場合があります。
また年月が経つと、砂利がすり減り砂埃が舞うようになります。

*アスファルト

砂利のデメリットを全て解消できるものは、アスファルトを使うことです。
しかし費用が砂利よりも高く、またデザイン性にも優れていません。

*コンクリート

コンクリートは、砂利やアスファルトのデメリットを全て解消できます。
しかし、砂利やコンクリートと比べて費用が高くなってしまいます。


□屋根

駐車場には屋根をつけられます。
屋根にもいくつか種類があります。

*種類

一番安価で取り付けられるのが、アクリル屋根です。
しかし、耐久性があまり高くありません。
そのため予算に余裕があるのであれば、ポリカーボネートがオススメです。
ポリカーボネートはアクリルよりは費用が高くなりますが、耐久性に優れています。
また、紫外線カットもできるのでオススメです。
そのほかにも、積雪や強風に強いスチール製のものもあります。
雪が降りやすい地域や風が強い地域ではスチール製を検討する必要があります。

*注意点

駐車場には屋根があると便利です。
しかし、屋根があると法律上建築物とみなされます。
そのため建築確認申請が必要になるので、少し手間がかかります。
期間に余裕を持って申請することをおすすめします。


□まとめ

今回は、駐車場リフォームの種類について紹介しました。
駐車場リフォームには地面や屋根の種類などさまざまな要素がありました。
それぞれ予算や環境を考慮して、最適な駐車場にリフォームしましょう。
また、当社は関東を中心にリフォーム事業を展開しています。
人が幸せになる住まい創りを理念にリフォームを行なっております。
特に茨城県古河市や栃木県小山市でリフォームをお考えの方は、ぜひ当社でのリフォームをご検討ください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ