小山市でトイレのリフォームを考えている方必見!手洗い器の導入のメリットとタイプ別手洗い器

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

「トイレをリフォームして手洗い器を設置しようか迷っている」
「トイレに手洗い場を設置したいけど、どんな種類があるかわからない」
と考えている方はいませんか?
近年、多くの家庭がトイレ内に手洗い器を設けています。
トイレをリフォームしようと考えている方も、一度は手洗い器の設置を検討したことはありませんか?
今回は、そんな方達のためにトイレに手洗い器を設けるメリットとタイプ別の手洗い器について、ご紹介します。


□手洗い場導入のメリット

*用を足した後、すぐに手洗いが可能

トイレ内に手洗い器がない場合、洗面所で手を洗うため外に出る必要があります。
また、トイレと洗面所の階層が別々の場合、とても億劫に感じてしまうでしょう。
また、気持ちの面でもすぐに洗えた方が気分もすっきりします。

*汚い手でドアノブを触ることがなくなる

手洗い器がない場合、トイレから出て手を洗う必要があるので、ドアノブに触ることはどうしても避けられません。
実際、用を足した後の手には、多くの細菌が存在しています。
例えとして、大便に含まれている大腸菌はかなり小さいので、トイレットペーパー越しでも、手に付着します。
その汚れた手でドアノブに触れてしまうと、そのドアノブに触れる人全員に菌が付着し、食中毒、ノロウイルスなど危険な病に陥る可能性があります。
だから、ドアノブによる感染を防ぐためにトイレ内に手洗い器を設置する必要があります。

*おしゃれに見える

トイレは多くの場合、来客に見られる場所です。
だから、どうせ見られるのならおしゃれなトイレに見せたいですよね?
トイレと手洗い器を別で設置することで、タンク手洗い付きのトイレよりも、すっきりとした印象を与えられるため、おしゃれなトイレになります。


□タイプ別手洗い器

*後付けで壁に設置するタイプ

手洗い器の付いているキャビネットやブラケットを使用し、後付けで設置する方法です。
キャビネットタイプはトイレ用品を収納でき、ブラケットタイプは使用するスペースを小さくできます。
工事費用が安く、工事費用も抑えられます。

*壁に埋め込むタイプ

トイレ内のスペースを広く活用したい方は、こちらのタイプがオススメです。
内装工事が必要になるので、工事期間は長くなってしまいますが、空間を広く活用できることでで、すっきりとしたシンプルな印象のトイレになり、見た人におしゃれなトイレの印象を与えることが可能です。


□まとめ

以上、トイレに手洗い器を設けるメリットと手洗い器のタイプ別の紹介でした。
今回の記事参考にトイレの手洗い器の設置をぜひ検討してくださいね。
当社は、小山市を中心に活動しています。
なにかご不明な点があれば、ぜひ当社までご連絡ください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ