小山でリフォームを考えている方必見!屋根塗装の適切な時期の見分け方

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

「リフォームで屋根塗装を考えているけれど、塗装の適切な時期がわからない」
「気付いたら屋根塗装の適切な時期が過ぎていた」
という方はいらっしゃいませんか?
屋根塗装をせずに放置してしまうと、雨水によって建物の内部が傷んでしまうことがあります。
しかし、初めて屋根塗装をする方は、屋根塗装の適切な時期がわからなくて不安に感じることも多いとおもいます。
今回の記事では、そんな方に向けて屋根塗装の適切な時期の見極めの際、確認すべき屋根の劣化サインをご紹介します。


□気をつけておくべき劣化のサイン

自分の家の適切な屋根塗装の時期を知るためにも、屋根塗装を行うべきサインを知っておく必要があります。
ここでは、今すぐ塗装が必要・早期検討が必要・まだ検討しなくてもよいという3つの段階に分けて説明します。

*今すぐ塗装が必要

瓦の滑落・棟板金の浮き、釘抜け・漆喰の劣化、剥がれの3つサインは今すぐ塗装が必要です。
瓦の滑落は放置してしまうと、防水板を止めている釘が露呈するため、雨水などが針穴を伝い雨水が内部に侵入し、雨漏りの原因になります。
次に、棟板金は浮くため、釘抜けは放置すると、棟押さえの外れ、錆びの原因になります。
また、棟板金とは、屋根の一番尖った部分に被せる山形の金属板を指します。
最後に、日本瓦やセメント瓦で瓦の固定、接着に用いられる漆喰の劣化や剥がれは、放置するとちょっとした風雨によって、瓦が落下してしまいます。

*早期検討が必要

屋根での苔や藻、カビの発生・瓦の反り、ひび割れの2つのサインは屋根塗装の早期検討が必要です。
屋根の塗膜の防水性が低下することで苔や藻、カビが発生することがあります。
また、塗膜とは、塗料を塗って乾燥後に固まった状態のことを指します。
放置すると、屋根の耐久性の悪化につながり、雨漏りの原因になってしまいます。
次に、瓦が乾燥と湿気を繰り返すことで防水性が低下すると、瓦の反りや割れが発生します。
このような状態になると、雨が降った時に、向きによって雨水が侵入してしまい、雨漏りの原因になってしまいます。

*まだ検討しなくてもよい

屋根材の色あせはまだ屋根塗装の検討の必要がありません。
しかし、色あせは屋根塗膜の劣化が始まったサインなので、専門家に相談する必要があります。


□まとめ

以上、屋根塗装の時期を知るための屋根の劣化サインを3段階に分けて紹介しました。
ご自宅の屋根の劣化具合がどの段階にいるのか、ぜひ今回の記事を参考にして、ご自宅の屋根の具合を確認して、屋根塗装をご検討ください。
当社は、屋根塗装の事例もございますので、屋根の劣化具合に専門家の意見が欲しいという方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社までご連絡ください。
 

施工事例

お客様の声

リフォーム商品ラインナップ

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ